新築住宅をお探しの方、そのお家に4K8K放送の受信設備は整っていますか?


今年12月からNHKやBS各局などで本格的に放送開始予定の新4K8K放送。4Kでも現行ハイビジョンの4倍の画素数で高画質の映像が楽しめるとのこと。8Kともなると何とハイビジョンの16倍!圧倒的な臨場感を味わえそうですね。

すでにメーカー各社から、表示パネルの画素数がフルハイビジョンの4倍という高画質の4K対応テレビが続々と発売され、家電店を賑わせています。高画質にこだわりのある方でしたらすでにご購入された方もみえるかもしれませんね。2年後の東京オリンピックに向けて、いっそう需要は高まっていくことでしょう。

ただ、この4Kテレビ、本来の最高画質で映像を楽しむためには専用のアンテナやチューナーだけでなく、お家のテレビ受信設備も対応していなければいけません。新築のお家であっても設備が整っていない場合はお客さまの方で費用をかけて工事を行わなければいけないことになります。



玉善では1年以上前から4K8K放送の到来を見越して、新築のお家は配線、分配器、差込口などが4K8K放送にしっかり対応したつくりとなっています。アンテナやチューナー、TVがあればお住まいになったその日から高画質の放送を楽しむことができます。

常に新しい動向にアンテナを張り、時代の流れをいち早く取り入れた家づくりを進めている玉善ならではの取り組みです。

6月に行われるロシアW杯、日本代表の活躍を迫力の映像で楽しむのもいいですね。