• Instagram
  • facebook
  • 玉善友の会

NEW!更新

第三者機関による厳しい検査をクリアし安全に住まうための住宅の性能評価を取得。

住宅性能表示制度とは

住宅性能表示制度は、平成 12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、同年10月に本格的に運用開始された制度です。住宅性能表示制度では法律に基づき、住宅の性能を等級で分かりやすく表示しています。

設計性能評価マーク・建設性能評価マーク

第三者機関が厳しく検査

耐震性、耐久性、省エネ性など、目に見えない住宅の性能部分を、国土交通省が管理する第三者機関によって、客観的な立場で、評価方法基準に従って住宅の性能評価を行い、その結果を住宅性能評価書として交付します。

住宅性能表示制度の3つの安心ポイント

1第三者機関が公正にチェック

国土交通大臣等に登録された第三者機関である登録住宅性能評価機関が、住宅の性能の評価を行います。

2住まいの性能をわかりやすく表示

住宅の耐震性、耐久性、省エネ性など最大10分野の性能を等級や数値などで表示します。等級は数字が大きいほど性能が高いことを表します。

玉善の家は、以下の必須4項目で最高等級を取得しています。

【構造の安定】

最高等級 地震・暴風に強い家

耐震等級3建築基準法の150%

災害時の活動拠点となる特定の病院・消防署・警察署などの施設

極めて稀に発生する地震(震度6強から震度7程度)の1.5倍の 地震力に対して倒壊、崩壊せず、稀に発生する地震(震度5強 程度)の1.5倍の地震力に対して損傷を生じない程度の計画としています。

玉善の家は、木造最上級の等級3を取得
玉善の家は、
最上級の等級3を取得
等級比較
等級1
【建築基準法レベル】
阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない程度
等級2
阪神・淡路大震災相当の1.25倍の力の地震でも倒壊しない程度
等級3

玉善の家はこれ!

阪神・淡路大震災相当の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度

快適な生活を実現しつつ強度を保った美しい間取り、基準以上の耐力を備えた金物設置など計算し尽くされた設計、それらを丁寧に行う技術。玉善の「安心住宅」は1つ1つ丁寧な仕事の積み重ねで生まれています。

ただ「倒壊しない」「崩壊しない」のではなく、「災害のその後」を視野に入れた安心のある設計の住宅、それが「耐震住宅」を超えた、玉善の「安心住宅」なのです。

地震保険に優遇も

耐震評価を受けた物件は、地震保険も有利です。耐震等級に応じた割引を受けることができます。玉善の家は「等級3」ですので、約50%もの割引を受けることが可能です。

耐震等級3約50%off
耐震等級2約30%off
耐震等級1約10%off

耐風等級2建築基準法の120%

極めて稀に発生する暴風による力(1991年台風19号:リンゴ台風程度)の1.2倍の力に対して倒壊、崩壊せず、稀に発生する暴風による力(1959年台風15号:伊勢湾台風程度)の1.2 倍の力に対して損傷を生じない程度の計画としています。

玉善の家は、耐風等級2
等級比較
等級1
伊勢湾台風相当の暴風による力でも損傷しない程度
等級2

玉善の家はこれ!

伊勢湾台風相当の1.2倍の暴風による力でも損傷しない程度
「耐震・耐風等級」とは

平成12年に制定された品確法により、耐震性を判断する目安として3段階の耐震等級および2段階の耐風等級が表示されました。建築物が、自重、積載荷重、積雪、風圧、土圧及び水圧並びに地震・暴風その他の振動及び衝撃に対して安全な構造のものであるように、厳しく定められた基準です。

【劣化の軽減】

最高等級 永く住める家

劣化対策等級3耐用年数3世代(75~90年)

等級比較
等級1
建築基準法に定める対策が行われているもの
等級2
構造躯体が2世代(50年~60年)もつ程度の対策が行われているもの
等級3

玉善の家はこれ!

構造躯体が3世代(75年~90年)もつ程度の対策が行われているもの

玉善の家は、次の8つの基準をすべて満たしています

  1. 外壁の構造材等の防腐防蟻の基準

    外壁の構造材に通気を確保、十分な断面寸法の確保、耐久性の高い樹種の使用、有効な薬剤処理

  2. 土台の防腐防蟻の基準

    土台に耐久性の高い樹種の使用、有効な薬剤処理

  3. 浴室・脱衣室の防水の基準

    浴室・脱衣室の構造材に防水上有効な措置が行われている

  4. 地盤の防蟻の基準

    べた基礎など防蟻に有効な基礎である、薬剤処理が施されている

  5. 基礎の高さの基準

    床下からの湿気を軽減するために、地面から十分な基礎高さが確保されている

  6. 床下の防湿・換気の基準

    地面からの湿気を防ぐために防湿コンクリートなどの処理がされている、床下に換気口が有効に設けられている

  7. 小屋裏の換気の基準

    小屋裏に発生する湿気を除くために、換気口が有効に設けられている

  8. 構造部材等(建築基準法)の基準

    1~7の基準のほか、建築基準法の劣化の軽減に関する項目を満たすこと

「劣化対策等級」とは

平成12年に制定された品確法により、構造躯体等に使用する材料の交換等大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策の程度を判断する目安として3段階の劣化の軽減等級が表示されました。

【維持管理・更新への配慮】

最高等級 配管などの維持管理がしやすい家

維持管理対策等級3維持管理対策

等級比較
等級1
等級2に満たない場合
等級2
構造躯体に影響を及ぼさずに配管の点検、補修が行えるもの
等級3

玉善の家はこれ!

構造躯体と仕上げに影響を及ぼさずに配管の点検、清掃が行え、構造躯体に影響を及ぼさずに配管の補修が行えるもの

玉善の家は、ヘッダー式システム配管の採用をしています。

※物件によっては採用していない場合もございます。

従来の先分岐工法
配管を途中で枝分かれさせると接続箇所が多く、水漏れの危険が高くなります。
ヘッダー工法
ヘッダーから設備器具へそれぞれ1本の配管で接続するから接続箇所が少なく水漏れの危険性が低くなります。
ヘッダー工法の特長
  • ● 耐久性:架橋ポリエチレン管の使用で腐食・電食による漏水の発生が少ない
  • ● 耐震性:災害時の調査でポリエチレン管の破損が極めて少なく地震などの災害時にも安定した給水を実現
  • ● 衛生面:架橋ポリエチレン管は錆びることがないので赤水、青水が発生しない
  • ● 快適性:架橋ポリエチレン管は金属管と比べて熱伝導率が小さいため給湯時の湯待ち時間が短縮される
  • ● 流量:台所と浴室など同時使用による圧力変化が少なく給水・給湯量が安定する
「維持管理対策等級」とは

平成12年に制定された品確法により、排水管・給水管・給湯管・ガス管の日常における維持管理(点検・清掃・修繕)のしやすさを判断する目安として3 段階の維持管理等級が表示されました。

【温熱環境・エネルギー消費量】

最高等級 高気密高断熱住宅

断熱等性能等級4次世代省エネルギー基準

等級比較
等級1
等級2に満たない場合
等級2
等級2に比べて約30%~60%のエネルギー消費量を削減。新省エネ基準に相当(1992年)
等級3
旧省エネ基準。1980年代の木造住宅の基準
等級4

玉善の家はこれ!

等級3に比べて約15%~50%のエネルギー消費量を削減。 次世代省エネ基準に相当(1999年)
こんなところで使われています
断熱材

天井と外部に面した壁に連続して敷き込めていくことでしっかりと断熱・気密化し、どの部屋でも同じような室温となり一年を通じて温度差の少ない安心快適な空間になります。
床下にも断熱材を敷き詰めることにより、床下からの冷気や熱も室内に伝えません。

サッシ

熱放射量を一般的なペアガラスの約1/2に軽減する、特殊金属膜のコーティングガラスを採用し、夏は室内の冷房効率を高め、冬は暖房輻射熱の流出を防いで暖房効率を高めます。
また、アルミ樹脂複合窓を使用しており、樹脂の枠が室内に熱を伝わりにくくします。一般的なアルミ窓と比べて結露しにくく、不快な結露を抑えてお部屋を清潔に保ちます。結露はカーテンや窓額縁、床の汚れの原因になるだけでなく、住まいの耐久性にも影響を与えます。

厳しい省エネ基準もクリア

一次エネルギー消費量削減の低炭素住宅

一次エネルギー消費量等級5低炭素建築物認定基準

一次エネルギー消費量(電気・灯油・ガスを天然エネルギーに換算してどのくらい消費したか表すもの)の大きな削減のために定められた基準をクリアした省エネ効果の高い設計仕様です。

玉善の家は、一次エネルギー消費量等級5
等級比較
等級1
一次エネルギー消費量等級4の基準に達していない住宅
等級4
エネルギー消費量削減の高い基準をクリアした省エネ住宅
等級5

玉善の家はこれ!

一次エネルギー消費量等級4の基準からさらに10%エネルギー消費量を削減した省エネ住宅
「省エネルギー対策等級」とは

平成12年に制定された品確法により、冷暖房に使用するエネルギー削減のための断熱化等による対策の程度を判断する目安として4段階の等級が表示されました。

6年連続目標達成見込み

国は年間150戸以上の建売住宅を販売する企業に対し、トップランナー基準の報告義務を設けています。玉善は2012年より、5年連続で基準達成を報告させていただき、2017年も達成見込みとなっております。

3万が一のトラブルにも専門機関が対応

建設住宅性能評価書を取得した住宅でトラブルが起きた場合、住宅紛争処理支援センターにおいて、建築士・弁護士による電話相談や対面相談などが無料で受けられます。